なんとなく日記

Everyday studying...

合同会社を作ってみました

10月からフリーランスで仕事をしているわけですが、いろいろあって合同会社を設立することにしました。 レジャリーワークス合同会社 理由としては、まあ前から会社作っといた方がいいよ的なお話を聞くことが多かったというのもあります。また個人事業主としてやっていくとしても経理的なことはいろいろとやらないといけないですし、いまならクラウド会計ソフトとかあるから会社としてやっていくのでもいいのかもしれないと思ったのが一つ。あと一度は会社を設立する経験をしてみようと思ってはいたので、いろいろあった今がいい機会かも?と思ったのがもう一つ。あと設立費用もそんなにかからないことがわかったのも大きな理由でもあります。 そんなわけで、「レジャリーワークス」という名前の合同会社を設立しました。名前は、悠々と仕事ができる世に中になるといいなと思い、ゆったりとした(leisurely)仕事(work)を語源としています。worksと複数形なのはゴロが良いからです :) とは言え作ったばっかりでまだまだこれからやること多いのですが、あまり焦ることなく少しづつ整えていきたいと思っていますので、暖かく見守っていただければ幸いです。まずは会社HPの整備からやらないとな… と言う訳で、これからもひとつよろしくお願いします。

クックパッドを退職しました

2016年9月30日付でクックパッド株式会社を退職しました。2013年3月入社なので、かれこれ3年7ヶ月在籍していたことになります。最初の2年ぐらいはサービス開発エンジニアとして普通にコード書く仕事してたはずなんですが、気がついたらマネージメントや採用中心の仕事をしていました。まあいい仲間がいたからか、非常に充実した仕事ができていたと思っています。 みなさん気になる退職理由とかは、飲み会とかで個別に聞いていただければお答えしますが、たぶん聞きたいような答えじゃない気もするので、あまりwktkしないようにしていただけるとありがたいです。 と言う訳で例のやつおいておきます。 https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/2U0WK80HNEJWN 来月からは心機一転、フリーランスエンジニア?としてお仕事をする予定でいます。経験としてはエンジニアの中途採用や新卒採用のビルドアップとか、エンジニア評価など、組織に関することが一番役に立てそうな気もしてますが、コード書きたい気持ちも強いのでそっちもやりたいと思っているところです。仕事頼みたいという方は、ひと声かけていただけると。

Microsoft Sculpt Ergonomic Keyboardを買ってみた

ちょっと腱鞘炎ぽい症状が出てきたのでエルゴノミクスキーボードを物色してたんですが、大体3万以上と割と高い。分割式だとちゃんとしたタッチタイピングできていないと思うので、最初辛そう。費用対効果考えると躊躇してしたんですが、Microsoftが出してる Sculpt Ergnmc KB for Bsnss Blk 著者: 出版日: 出版社/メーカー: Microsoft カテゴリ: CE というのを買ってみました。実際にヨドバシとかで触ってみてキーの感触は問題なかったんですが、意外なほどちゃんとタッチタイプできていなかったようで、いろいろ辛いです。特にC-bのbを右手で押しててようで、日常的に不都合が起こっています。 まあこれに慣れたらErgodoxとかに挑戦してみたいので、訓練だと思って頑張ってみようと思ってます。

家庭用ゲーム機興亡史

誕生日ということで送ってもらった本、せっかくなので読んだら感想を書いていこうと思います。 家庭用ゲーム機興亡史 著者: 前田 尋之 出版日: 2014-04-25 出版社/メーカー: オークラ出版 カテゴリ: Book いわゆるファミコンに代表される家庭用ゲーム機ですが、その登場からもう30年も経ってるんですね。リアルタイムで知ってたのはぴゅう太とかSC-3000から。欲しいと思ってたけど手が出ずにいましたね。 それからファミコンを買ってゲーム道に突入。ただ直後にMSX(厳密にはMSX2)を買ってからはプログラミングにもハマっていったので、王道以外のゲームあんまりやってなかったりします。とは言え、いわゆるパソコンゲームは割とやったんですけどね。 あとこの本の面白かったところは、いわゆるマイナー機をちゃんと調べてあるところですね。X1 twinとかレーザーアクティブ、PC-FXとかVサターンとか、要するに売れてなかったが知る人ぞ知る機種が紹介されていたのが、マニア心をくすぐってくれて楽しめました。

Thinkpad X220

Macbook Pro 2016 が出ないことにしびれを切らして中古のThinkpad X220を買ってみました。 ちょうど同僚が買ったという話を聞いたというのもありましたが、中古でまあまあの品が25kぐらい買えたので満足してます。 もともとSSDだったのでメモリだけ16GBにして、lubuntuを入れていろいろ設定してるんですが、設定楽しいですね\(^o^)/ シリコンパワー ノートPC用メモリ DDR3 1600 PC3-12800 SO-DIMM 8GB×2枚 永久保証 SP016GBSTU160N22 著者: 出版日: 出版社/メーカー: シリコンパワー カテゴリ: Personal Computer CtrlとCapsを入れ替えるのは当たり前に設定。 % vim /etc/default/keyboard XKBOPTIONS="ctrl:nocaps" # 追加 あとWindowsキーとメニューキー、ブラウザキーの誤入力が多かったので~/.Xmodmapに設定。 keycode 133 = Alt_R Meta_R Alt_R Meta_R keycode 135 = Alt_R Meta_R Alt_R Meta_R keycode 166 = Left NoSymbol Left keycode 167 = Right NoSymbol Right 久々にさわるLinuxマシンはいいものですね。

User/Group ids in Docker run

このブログはjekyllで構築してS3にアップしているんですが、手元でMarkdown作ってbuildしてS3にpushとか面倒なので、Gitlab CI + dockerで自動化しています。 ただ単純にdocker runするとrootで実行されるので_site/配下のファイルがrootで作られたりして面倒なので、docker run -u $(id -u):$(id -g)とかで解決。Dockerfileに直書きする方法もあったけど、環境によって変わるものだからオプション指定に。他にいい方法あったりするんだろうか。

誕生日の抱負

と言う訳で42になってしまいました。 例のやつ貼ってみたら、いろんな人に本を送っていただけて、非常に嬉しい誕生日でした。 さて今年はいままでにやったことない挑戦をするとしかなと思っている次第です。何をやるかはもうしばらく考えますが、温かい目で見守っていただければ幸いです。

RubyKaigi 2014に参加してきた

先日開催されたRubyKaigi 2014に参加してきました。場所は船堀と、世田谷区民としてはかなり遠かったんですが、頑張って通勤してきました。 セッション内容は他にまとめてくれる人がいるので、そちらを参照してもらうとして、やはりRubyKaigiはテンション上がりますなーという話。 実は毎年参加する度に転職したくなるので勢いで色々つぶやいたり よし、転◯しよう! — Shinichiro OGAWA (@conceal_rs) September 19, 2014 しますが、そこまで短絡的ではありません。 でも最近はいろいろ考えさせられることが多いですね。RubyKaigi自体もそうだし、地域Rubyコミュニティとかも。さらには自分のキャリアプランとかも。その手の話をできるのも、RubyKaigiのいいところかなと思ってます。 というわけでもっといろいろな人と話をしてみたいので、みなさんお誘いくださいませ。

TokyuRubyKaig07を開催してきた

TokyuRuby会議07 - Regional RubyKaigi というわけで7回目となるTokyuRubyKaigiを開催してきました。まあやってることは毎度おなじみなのですが、今回は実行委員長を@tatsuoSakuraiさんがやるという違いがありました。まあ良かった点も悪かった点もいろいろありますが、参加者に楽しんでいただけたようなのでよかったですね。 あと、幸いにして今回は最後まで記憶がありました\(^o^)/ 次回も開催が決まっているような感じがするので、また司会として頑張れればいいなと思っております。あれでよければ…

TokyuRubyKaigi06を開催してきた

先週になりますが、TokyuRubyKaigi 06を開催して来ました。 もう6回目になるんですが、いつものようにいつもどおり開催できたんじゃないかと思います。 ただ今回は一つダメだった点があって、司会の記憶が飛び飛びだということですね。 なんかうまく喋ってたようなんですが、思い出そうとするといままでよりも記憶に抜けがあるんですよ。 要するに飲み過ぎただけなんですけどね。 あ、あと同じチームの同僚が来てたんですが、 「会社でもあんな感じでおねがいしますよ」とか言われても、 あれは酒が入ったテンションだからできるのであって、 そうでなければ、ねぇ。 というわけで、TokyuRubyKaigiはまだまだ続いていきます。 次回はどうやらM葉のS井さんが実行委員長をやってくれるそうなので、 どんな地域Ruby会議になるのか、今から楽しみです。